コースと施設

オープンデータ

公共データの活用「オープンデータ」は、国民参加・官民協働の推進、経済の活性化・行政の効率化が三位一体で進むことが期待されています。弊社では、長年のCMS開発から得た経験を元にオープンデータのシステムを短期間で導入することが可能です。

  • 様々なファイル形式に対応。CSV、PDF、Microsoft Excel・・・
  • 膨大な数のデータ(ファイル数)に対応
  • 検索機能。膨大な数のファイルを瞬時に検索いたします。
  • カテゴリ分け
  • 低コスト

オープンデータとは

 オープンデータとは、「機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータ」であり「人手を多くかけずにデータの二次利用を可能とするもの」のことを言います。

課題

整理・加工前のデータ(RAW DATA)や仕様が決まっていないRDF(Resource Description Framework:リソース・ディスクリプション・フレームワーク)を一般公開しても、なかなか使いにくいものになります。

また、行政や行政が現在保有するデータをRDF形式に加工しWEBサイトに公開するためには、人材、時間、コストも大きな負担になるでしょう。

アイウィルでは、シンプルにスピーディーに情報を公開することのできるシステムをご提供いたします。

アイウィルに問い合わせをする

Page Topへ