ホームページ制作

アクセシビリティ

WEB標準

Web標準(Web Standards)とは、国際的な化団体が取り決めたホームページの作り方のルールに基づいて作るということです。代表的な団体はW3C(World Wide Web Consortium)です。他にもISOやIETF、IANA、ECMA、OASISなどももありますが、W3Cが世界のリーダとなっています。Web標準仕様に準拠したホームページは誰でもアクセスできて、さまざまな環境(コンピュータ)からでも見られる・利用することのできるユニバーサルデザインのホームページ作りとホームページの品質を実現します。(2004年6月21日にJIS規格が公示)

アクセシビリティ

WEBアクセシビリティとは、高齢者や障害者などハンディを持つ方でも情報を得ることができるようにレイアウト、設計、デザイン(色使い)を行うことです。

例えば、手に障害を持つ方がマウスではなく、キーボードだけでホームページを見ることができるようにする必要があります。また、視覚障害者の方の為が利用する読み上げソフトに対応した記述を使うことが重要です。

アイウィルに問い合わせをする

Page Topへ