スタッフの紹介

SEO(検索エンジン最適化)

ユーザーがWEB上で情報を求めようとする時、ほとんどの場合、キーワード検索という方法で検索エンジンを利用します。利用される検索エンジンの代表的なものがGoogleとYahooです。

検索結果リストに表示される関連サイトのうち、クリックされる率が高いのは、1ページ目かせいぜい2ページ目までといわれています。つまり、3ページ以降に表示されているサイトは、せっかく存在していながらユーザの目にはなかなかとまらない、ということになります。

このため、対策として、できるだけ検索結果の上位に表示させるために工夫をする手法をSEO(検索エンジン最適化)と呼びます。SEOの手法は、「Google 検索エンジン最適化スターターガイド」にも示されていますが、特殊な技術を用いて行うものではありません。地道にしっかりとサイトを作り、オリジナルのコンテンツを充実させる、つまりは「本当に有益な情報を、わかりやすい形で提供する」ことが最も大切なこととなるのです。同時に、ホームページをつくるプログラムHTMLの文法を正しく書くことも大切な作業の一つです。

たとえば一時期有効とされた、外部サイトからの大量のリンクを貼る、などといった「SEOだけを目的とした小手先の手法」は、現在では通用しないばかりか、検索結果に表示されなくなるペナルティを課せられるようになってきました。

SEO目的の不自然なリンクや、キーワードを多くするだけの目的で同じ内容をコピーしただけのページ、などは「品質が低い」と判断され順位を下げられてしまう可能性があるのです。

アイウィルに問い合わせをする

Page Topへ